脱毛器購入時にローンを利用するには?

通販会社で商品を購入するときって、一括払いのことが多いですよね。
しかし、家庭用脱毛器を購入するとなると、結構な費用が掛かります。
そこで、ローン払いができたらいいと思いませんか?
実は、ローン払いができるかどうかというのは、販売会社側での要件が必要になるんです。
例えば、家庭用脱毛器のケノンの公式ショップであれば、その会社自体がこれまでに数々の実績を積んでいるので、信販会社に対して信頼を有しています。
とはいえ、利用者側にも審査が必要となります。
ローンを利用するにあたって、ブラックリストに載っていないかなどの手続きを経て、商品購入ができるのです。
では、実際にローンをする際には金額や回数を選ぶことができるのでしょうか。
この点、先ほどのケノンの公式ショップでは、回数を選ぶことができます。
回数を選ぶことで、それぞれの分割回数あたりの金額が表示されます。
また、ローンに際してはクレジットカードなどは必要ないのも嬉しいところです。
ただ、注意しておきたいのが、ローン利用に対して手数料がかかると言うことです。
回数を増やすほどに1回あたりの支払額は低くなりますが、分割手数料ももれなく高くなってしまいます。
その為、できることなら脱毛サロンを予約した方が安上がりですよ。

脱毛サロンと医療脱毛の違いは?

脱毛しようと思い立ったとき、選択肢が二つありますよね。
脱毛サロンと医療脱毛です。
どちらもムダ毛の処理ができるのですが、どんな違いがあるのでしょうか。
二つの脱毛法を比べてみました。

・脱毛サロン
美容エステと同様にサロンのスタッフが脱毛施術を行います。
たいていのサロンでは、初回にカウンセリングを行い、その後、脱毛施術が行われます。
フラッシュを使用した脱毛なので、医療脱毛に比べると、脱毛力が弱くなります。
フラッシュの照射範囲が広いため、1回あたりの施術スピードが速く終わります。
料金は医療脱毛に比べると安く、学生さんでも通いやすくなっています。
デメリットとしては、医師でないスタッフが施術するため、施術後にトラブルがあれば、別途病院へ通うことになります。

・医療脱毛
医師もしくは、医師の監督により医療従事者が行う脱毛方法です。
施術前に医師のカウンセリングを受けてから、お肌の状態を見つつ脱毛施術が行われます。
医療用のレーザーを用いるため、脱毛力が強いのが特徴です。
1回あたりの脱毛力が強いので、合計での施術回数が少なくて済みます。
ただ、レーザーの照射範囲が狭いため、1回あたりの施術時間が長くなります。
施術後、お肌に異変があれば、医師による診察を早急に受けることができます。
デメリットとしては、料金が高いことが挙げられます。

このように、医療脱毛と脱毛サロンとでは、違いがあるので、ご自身のお財布事情や脱毛予定に合わせて選ぶようにしてくださいね。

医療脱毛前後には除毛クリームって使えるの?

医療脱毛は、ニードル脱毛とレーザー脱毛に分類され、それぞれに事前処理の方法が異なります。そして、事前処理の方法を間違えてしまうと、脱毛当日になって施術を受けることができなくなることも考えられます。
それでは、2種類の医療脱毛の事前処理についてご紹介します。

ニードルとレーザーでは、事前処理の方法が異なります

まず、ニードル脱毛の場合では、毛穴から5mm程度のムダ毛を伸ばしておく必要がありますので、除毛クリームによる事前処理を行うことができません。
ニードル脱毛は、専用の絶縁針を毛穴から挿入し、毛根組織に電流を流して組織を破壊する方法です。

そして、絶縁針を毛穴から挿入する際には、毛穴の位置の手かがりとなる体毛の存在が必要ですので、除毛クリームで綺麗に除毛してしまった場合では、施術を行うことができなくなってしまいます。

一方で、レーザー脱毛の事前処理として一般的とされているのは、シェーバーによるシェービング処理で、除毛クリームでの処理は推奨されていません。

それは、除毛クリームには強いアルカリ成分が配合されており、それによってお肌が大きなダメージを受ける可能性があるからです。
レーザーの照射は安全性が高いといわれてはいますが、照射時にお肌が受けるダメージは決して小さいものではありません。

そのため、あらかじめ除毛クリームで処理を行ってしまうと、お肌は除毛クリーム+レーザーというダブルのダメージを受けることになり、施術後の肌トラブルにつながることも考えられます。
レーザー脱毛をご希望の方が自然処理を行う場合には、必ず医療機関が推奨している、シェーバーによるシェービング処理を行いましょう。

医療脱毛後の除毛クリームはOKなの?

ニードル脱毛もレーザー脱毛も、お肌にダメージを与える可能性がある脱毛方法ですので、これらの施術を受けたあとの除毛クリームの使用はおすすめできません。

除毛クリームに配合されているアルカリ成分をはじめとする成分は、お肌への刺激がかなり強いと考えられ、それによってお肌がダメージを受けてしまった場合では、そのダメージが長期間続くことも考えられます。

そして、除毛クリームによるダメージが修復される前に医療脱毛を行ってしまうと、お肌にはダメージが蓄積され、肌荒れや炎症が起こる可能性が広がります。
特にレーザー脱毛受けたあとには、細かいムダ毛がピョコピョコ飛び出してくる”ポップアップ現象”が起こり、気になるかもしれません。

ですが、飛び出したムダ毛が気になって慌てて除毛クリームを使用してしまうと、お肌は思いのほか大きなダメージを受けることになります。
医療脱毛を受けている最中のムダ毛処理は、シェーバーで優しく行い、肌ダメージをできる限り最小限に食い止めましょう。